注目すべき栄養素がある

落ち込む婦人

食事は抜かない

貧血になるとめまいやフラつきが生じ、食欲もなくなってしまう人も多いです。だからといって食事を抜いてしまうと逆効果になってしまうので、栄養素をしっかり摂るためにも食事は欠かせません。貧血の治療中なのであれば鉄剤が処方されるのですが、予防のためにも鉄欠乏性貧血にならないために摂るべき栄養素については知っていることが大切です。

鉄分の重要性

鉄欠乏性貧血になってしまう理由としては、鉄分を長年食事などで十分に摂れていなかったということが挙げられます。貧血を重症化させないためにも、鉄分の補給をサプリや食事で摂取していきましょう。最近では貧血改善のためにヘム鉄や非ヘム鉄などといった成分が良いといわれ、多くの人がサプリを飲むようになっています。食事でいえば、ヘム鉄は動物性の食品に含まれているため、レバー類やあさりを食すると良いでしょう。

サプリメント

バランスよく摂取する

非ヘム鉄はヘム鉄よりも吸収率は劣りますが緑黄色野菜を摂ることでビタミンも補給できます。ビタミンCは腸での鉄吸収を促進させる働きがあるため、是非とっておきたい栄養素です。鉄分を摂っていても中々身体に吸収せず結果が出ないという人はフェロケルを試してみるのも良いです。人間にはヘモグロビン以外にも貯蔵鉄といわれるフェリチンも必要です。キレート加工されたフェロケルを飲むことで、フェリチンも増加するでしょう。